NPO法人職場の権利教育ネットワーク

ホーム 代表理事ご挨拶 新着情報 活動内容 会員募集について 当法人について 関連書籍 リンク
・法人関連書籍 ・その他労働法入門など ・学術書

著者名をクリックすると略歴を表示します。(別ウィンドウ表示)

法人関連書籍

教室で学ぶワークルール

著者:道幸哲也・本法人代表理事(放送大学教授・北海道大学名誉教授)

はじめに―ワークルールという言葉を知っていますか
これから社会に出るキミたちへ
 これから社会に出て働こうとするキミたちは、いまの社会をどのように感じているのでしょうか。出口のない息苦しさや、将来への不安をつのらせる人も多いだろうと思います。とりわけ、就職のことを考えると、すぐ先の生活プランができないだけではなく、10年後の自分もイメージできない状態でないでしょうか。「いい大学からいい会社へ」という人生コースは必ずしも人の幸福を意味しませんが、ではどうしたらいいのかといわれると答えに困ります。
 キミたちが直面する就職の現状をみてみると、正社員(このことば自体が差別感を助長していますが)として就職することは簡単ではありません。多くはパートなど雇用関係が不安定な非正規というかたちでしか仕事につけない状況です。また、たとえ正社員として就職できたとしてもさまざまな問題に直面します。長時間労働にともなう過労死や、ハラスメントによる「うつ」などのメンタル問題です。さらに、会社に勤め続けても、かつてのように賃金が上がっていくわけでもありません。雇用の不安定さや労働条件の低下などを見ると、ますます非正規と正規とのボーダーがはっきりしなくなっています。
 とはいえ、多くの人は働かなければ生活していけません。当面は親にパラサイト(寄生)することができても、親がいつまでも元気でいるわけでありません。自分で生活し、家族を持ち、次の世代に社会をつなげる必要があります。働くことを避けてはいられないのです。憲法27条は「勤労」を国民の義務としていますし、国も若い人たちの雇用の実現や勤労観の育成に本気で乗り出しています。
 ところが、社会人として働きだす前に、職場でのワークルールについてはほとんど教えられていません。公民の授業では、受験レベルの表面的な知識しか教えられておらず、ワークルールの意味や使い方までは深められていません。たしかに、新学習指導要領では、法教育やルールについての教育も重視されはじめています。しかし、ワークルールについてはそれほどではありません。また、キャリア教育が必要だとの議論は盛んですが、どのようにキャリアを形成し資格を獲得するかが中心であり、働くさいのルールについてはほとんど関心を持たれていません。むしろ権利を主張すると就職に困るとさえ思われているのではないでしょうか。
 働くことが国民の義務ならば、安心して働き続けるために必要なワークルールを身につけておくべきでしょう。本来、ワークルール教育は国の責任ですが、現状では自分たちで学んでいくしかありません。(旬報社HPより引用)

おしえて弁護士さん−職場のギモン48

著者:
淺野高宏(編者)・本法人理事(弁護士・北海学園大学准教授)
井澤慎次(弁護士)
上田絵理(弁護士)
倉本和宜・本法人監事(弁護士)
後藤雄則(弁護士)
迫田宏治(弁護士)
高橋和征(弁護士)
多田真之介(弁護士)
中島哲(弁護士)
西博和(弁護士)
白諾貝(弁護士)
早坂悟郎(弁護士)
開本英幸(編者)・本法人理事(弁護士・北海道大学特任准教授)
平澤卓人(弁護士・北海道大学情報法政策額研究センター研究員)
村田英之(弁護士)
吉田悟志(弁護士)
平賀律男(パラリーガル)

職場・仕事のトラブルで悩んでいませんか?
採用から、賃金、労働時間、就業規則、派遣、セクハラ・パワハラ、労災、年休、配転・出向、懲戒、解雇・雇止め、社会保険、組合加入、団体交渉・労働協約、訴訟まで、あなたの疑問にお答えします。
具体的事例で、すぐに役立つノウハウが満載です。(旬報社HPより引用)

パワハラにならない叱り方―人間関係のワークルール

著者:道幸哲也・本法人代表理事(北海道大学教授)

どうして裁判沙汰になるの?
労働をコストとみる経営
自己本位の働き方を余儀なくされる労働者
職場の人間関係から生じる紛争はパワハラでは解決できません!(旬報社HPより引用)

DVD版15歳のワークルール (1・入社までの注意・労働時間と賃金・職場いじめ)

著者:道幸哲也・本法人代表理事(北海道大学教授)

自分の好きな職業を選んで、働きたい――誰もがそう思います。でも、就職の際、そして就職後も職場でさまざまなトラブルに直面することがあります。そんなとき働くものの権利を守ってくれるのが、労働条件などを定めた労働法です。再現ドラマを通じて、ワークルールを身につけましょう。(旬報社HPより引用)

15歳のワークルール―仕事につくとき、仕事をするとき、辞めるとき知っておきたい32のルール

著者:道幸哲也・本法人代表理事(北海道大学教授)

仕事につくとき、仕事をするとき、やめるとき…。好きな仕事をつづけるために、15歳から読める知っておきたい32の基本的な働くルール。(旬報社HPより引用)

変貌する労働時間法理―“働くこと”を考える

著者:
道幸哲也(編者)・本法人代表理事(北海道大学教授)
山田哲(東京農業大学非常勤講師)
戸谷義治・本法人監事(北海道大学大学院・日本学術振興会特別研究員)
淺野高宏(編者)・本法人理事(弁護士・北海道大学特任准教授)
開本英幸(編者)・本法人理事(弁護士)
斉藤善久(神戸大学准教授)
大石玄(北海道大学非常勤講師)
國武英生(北九州大学准教授)

労働時間法理を判例・学説などの理論面および実務面から総合的に再検証し、その解明を試みる。実態および法理の新たな展開を踏まえ、その全体像を提示するとともに、《働くこと》とは何かを原理的に考察する。(法律文化社HPより引用)

ワークルールの基礎―しっかりわかる労働法

著者:道幸哲也・本法人代表理事(北海道大学教授)

いまこそ労働法を学ぼう! 「労働力」ではなく生身の人間として働き続けるために必要な法的知識を身につける.(旬報社HPより引用)
※著者等の肩書きは出版当時のものです。

このページの最初へ

・法人関連書籍 ・その他労働法入門など ・学術書

労働法入門など

労働組合活用のルール―これだけは知っておきたい労働法

著者:道幸哲也(北海道大学教授)

リストラ、希望退職、転籍、労働条件の切り下げ、職場での差別、いじめに対応できる労働組合を。のびやかな組合活動のためのルールづくり。(旬報社HPより引用)

成果主義時代のワークルール

著者:道幸哲也(北海道大学教授)

過酷な競争、サービス残業、賃金低下、ストレス・過労死……。ルール無視が蔓延する職場で、人間らしく働くための労働法のルールを提示する。(旬報社HPより引用)

労使関係のルール―不当労働行為と労働委員会

著者:道幸哲也(北海道大学教授)

公正な職場ルールづくりのために!労働委員会での実務経験と判例をもとにベテラン公益委員が解説する不当労働行為とその救済方法のすべて。(旬報社HPより引用)

リストラ時代−雇用をめぐる法律問題

著者:
道幸哲也(北海道大学教授)
小宮文人(北海学園大学教授)
島田陽一(早稲田大学教授)

公正な職場ルールづくりのために!労働委員会での実務経験と判例をもとにベテラン公益委員が解説する不当労働行為とその救済方法のすべて。(旬報社HPより引用)
※著者等の肩書きは出版当時のものです。

このページの最初へ

・法人関連書籍 ・その他労働法入門など ・学術書

学術書

社会法の再構築

著者:
鎌田耕一(東洋大学法学部教授)
島田陽一(早稲田大学法学学術院教授)
渡辺賢(大阪市立大学法学部教授)
小宮文人(専修大学法科大学院教授)
國武英生(小樽商科大学商学部准教授)
淺野高宏(北海学園大学法科大学院准教授・弁護士・・当法人理事)
菅野淑子(北海道教育大学准教授)
加藤智章(北海道大学法学研究科教授)
片桐由喜(小樽商科大学商学部教授)
関ふ佐子(横浜国立大学准教授)
倉田賀世(熊本大学法学部准教授)
菊池馨実(早稲田大学法学学術院教授)

いまこそ社会法の再構築を!
わが国が直面する労働法、社会保障法に関する基本的問題を考察。
第一線の労働法・社会保障法研究者による現代的課題への挑戦。(旬報社HPより引用)
道幸哲也教授退官記念。

労働組合の変貌と労使関係法

著者:道幸哲也(北海道大学教授)

労働組合法の現代的課題を考察。組織率の低下と、職場における影響力も弱まりつつある労働組合の実状を見据え、 適切な集団的労働条件決定の観点から、労働組合法をめぐる現在の問題点を的確に析出。将来の立法論を構想する際の土台となる待望の書。(信山社HPより引用)

職場はどうなる 労働契約法制の課題

著者:
道幸哲也(北海道大学教授)
小宮文人(北海学園大学教授)
本久洋一(小樽商科大学助教授)
紺屋博昭(弘前大学助教授)
斉藤善久(北海道大学助手)
山田哲(北海道大学助手)
大石玄(北海道大学大学院)
國武英生(北海道大学大学院)

2005年に発表された厚労省の「今後の労働契約法制の在り方に関する研究会」の最終報告を検証し、労働契約に関する現行判例法理の特徴と問題点をふまえた上で、21世紀の労働契約のあるべき姿を一般のサラリーマン・学生にわかりやすく指し示す。 (明石書店HPより引用)

労使関係法における誠実と公正

著者:道幸哲也(北海道大学教授)

使用者の誠実交渉義務と労働組合の公正代表義務のあり方を検討し、集団的労働条件決定システムを支える法理の構築をめざす。(旬報社HPより引用)
※著者等の肩書きは出版当時のものです。

このページの最初へ