西谷敏

昭和18年、兵庫県生まれ。

現在、大阪市立大学名誉教授。

昭和41年、京都大学法学部卒。昭和46年、同大学院博士課程を単位取得満期退学し、大阪市立大学法学部助教授。同教授を経て、平成19年、定年退職し名誉教授。その後、平成22年まで近畿大学法科大学院教授を務める。

平成13年から奈良県労働委員会公益委員。

主な著作として、『労働法における個人と集団』(有斐閣・平成4年)、『ゆとり社会の条件─日本とドイツの労働者権』(旬報社・平成4年)、『労働組合法』(有斐閣・平成18年(第2版))、Vergleichende Einfuhrung in das japanische Arbeitesrecht, Carl Heymanns Verlag, 2003、『規制が支える自己決定―労働法的規制システムの再構築』(法律文化社・平成16年)、『労働法』(日本評論社・平成20年)、『人権としてのディーセント・ワーク−働きがいのある人間らしい仕事』(旬報社・平成23年)など多数。

(平成23年10月21日更新)